盛岡のCafeJazz 開運橋のジョニー 照井顕(てるい けん)

Cafe Jazz 開運橋のジョニー
〒020-0026
盛岡市開運橋通5-9-4F
(開運橋際・MKビル)
TEL/FAX:019-656-8220
OPEN:14:00~24:00

地図をクリックすると拡大します
携帯写真より

■□■ 最新の写真 ■□■
Mari's Night [09/16]
RSMB [08/25]
RSMB [06/30]
Mari's Night [06/17]
YouTubeにアップしました。[05/30]
RSMB Friends [05/26]
Mari's Night [05/20]
大船渡出身.歌手.濱守栄子さん[05/10]
今の盛岡[05/06]
今年も❗[05/01]

[全ての写真を見る]

サイト内検索



Prev [P.1/66] Next
幸遊紀NO.326 「衣笠祥雄のジャズとホームラン」2017.4.11.盛岡タイムス
 僕が子供だった頃の遊び場は、平泉町の達谷窟の広場だった。(現・達谷窟毘沙門堂前の庭園)そこでの遊びは野球。ボロ布丸めて引き裂いた布糸や麻糸でぐるぐる巻きにしたボールと、山の木をノコで切りナタで削って、茶碗の欠片でカンナかけした手作りバット。打球が広場を超え田んぼに落ちればホームラン。その楽しさの延長で中学で野球部に入ったが、暗くなるまでの球拾い、毎日夕方に真空管のラジオにかぶりつき、聴いていた「少年№1」が聴けなくなったことから即退部!。
 以来野球とは無縁になったが、チリ地震津波の後に陸前高田に市営松原球場が出来、間もなくプロ野球2軍のイースタンリーグ戦が行われ見に行った。どことどこの対戦だったかのかもまったく記憶にはないのだが、唯1人、ホームランを打った衣笠(祥雄)という人の名と、その光景だけは、今も鮮烈に覚えている。彼は僕と同い年1947年に京都に生まれ、平安高校から広島カープに入団。1970から連続出場で世界記録を塗り替えた人で、75年赤ヘルブームの立役者。87年には国民栄誉賞を受賞した鉄人(初期の背番が28号)。
 昨2016年、広島東洋カープがリーグ優勝した時、大阪で発行されているテイクフリーのジャズ誌「WAY・OUT・WEST」10月号に、その衣笠氏のインタビュー記事(2012年12月号の再掲)が載っていたので読んでみた。
彼は、広島カープに入団して間もない頃に出合ったのが流川のジャズ喫茶。その店で知り合った「アメリカ海兵隊さん(ベトナム戦争に行く若い2等兵たち)が死と隣り合わせながらも、音楽が聴ける喜びを語っていた彼らに接し、野球が上手くいかずイライラしてくさっていた自分を本当に恥ずかしく思ったことを覚えている。その時からジャズの持つ自由な広がりや、お互いをぶつけあうスリリングな展開に惹かれていった。選手生活を終えてから初めて参加した故・大橋巨泉氏主催のハワイ・マウイ島ゴルフ大会で聴いた故・ジョージ川口、日野皓正等が夕陽を背にした演奏は最高の瞬間で今でも忘れられない」という。それは僕の見た若い衣笠さんのホームランと同じ一瞬の永遠なのだろう。1975年僕等が主催した歴史的革命の大音楽祭」の会場だったあの松原球場がリニューアルなった直後の2011年3月11日あの津波でした。

幸遊紀NO.325 「若杉実のレコードの渡良瀬方」2017.4.3.盛岡タイムス
 僕は何がしかの用事があって上京すると、少しでも時間がある時は必ず中古レコード店や古書店に足が向く。先日は復活なった横浜野毛日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」の5周年にお招きを受け、上京した際、新宿3丁目の集中するデイスクユニオンに足を向け、最初に入ったロック館を眺めていると、マスクをした男性に「ジョニーさん!」と声を掛けられた。
 マスクを外し現われた本物のマスクは、音楽ジャーナリストの若杉実さん(48)。手には何枚ものレコード。会計も並んでいて時間がかかりそうなので、「僕はジャズ館に行ってますから」と声を掛け、ジャズ館にやって来た彼と近くの喫茶店で少し話をした。若杉さんは昨2016年4月20日(僕の誕生日)に、シンコーミュージックから「東京レコ屋ヒストリー」(460p)を出版した人。
 この本は1903年から現在まで東京の音楽文化を発信し続ける“レコード屋”の歴史をつぶさに追った史上初のドキュメンタリー!と帯にある様に、日本最古の輸入レコード屋に始まる過去から未来までをもあぶり出しながら、昨今のオンラインショップの利便性も説いているが、居ながらレコードを受け取れる恩義と同じくらい、空虚感も溜まっていく。同じレコードなのにどこかが違うのは、いつどこにどうやって行き、どんな思いでどんな風に探し、どんな対応をしてもらってこのレコードを手に入れたか!とその愛着の違いまで説いている彼は2万数千枚の収集家でもある。
 ジャズレコード史も今年2017年で丁度100年。僕のレーベル「ジョニーズディスク」も40周年を迎えた。当時僕が制作したそのレコードも何枚か見つけたが、1枚7000円から1万円以上もする高値で売られていることに驚きと喜び、そしてため息までが同時にこみあげてくる。5作目の「海を見ていたジョニー・坂元輝トリオ」解説・五木寛之に至っては和ジャズの名盤中の名盤と言われ、1枚何と10万円を超す超高値。
 それらジョニーのレコードはCD盤に焼直し2007年から渋谷ジャズ維新シリーズとしてウルトラヴァイブから再発!となったが、その監修をしたのが若杉実さんで、以降、新作の宣伝にも一役買ってくれていて、ありがたい存在の人。彼は栃木県足利市出身、現川崎市在住。2014年には「渋谷系」(シンコーミュージック)という本もものにしている渡良瀬の男なのである。

幸遊紀NO.324 「アナログレコードのある暮らし」2017.3.27.盛岡タイムス
 去る3月20日(祝・月)付盛岡タイムス一面の「天窓」欄、1982年のCD誕生以降衰退の一途をたどってきたアナログレコードについて「唯一残った国内レコードプレス工場やレコード針の生産工場が風前のともしびから、今やフル回転へと復活したようだ。時代は回りながら進む」と。
 又、昨2016年12月23日付朝日新聞、一関のジャズ喫茶ベイシーの店主・菅原正二さんのコラム「物には限度、風呂には温度」の第120話「イースト・オブ・ザ・サン」にて「来る年2017年から爆発的なアナログ・レコード・ブームが湧き起こるという。ホントかいな?と思うが、ホントらしい。実はマニアックな人たちの間では10年以上も前からそれは起こっていたのだが、飛び火して、何の罪もない人々にまで伝染そしてバンデミックが起こるのが来年だとマスコミが騒ぎ出している。これはしかし日本だけの話ではなく世界的な雲行き、、、、」とある。
 音楽鑑賞スタイルがレコード、CDなどの固体物から配信という無形物?へと変化しCD,レコードの大形店廃業が相次いだアメリカで、個人経営のレコード・ストア・デイが始まったのが2008年。4月第三土曜日に、有名アーティストがアナログ盤限定作品をレコード店で発売する世界同日開催の原典。日本も本格的に参加したのは2012年。今年2017年は4月22日(土)の同時開催で、21ヶ国、数百のレコードショップが参加を表明している。
 実は今、レコードフェアや東京の中古レコード店はどこへ行っても黒山の人だかりである。盛岡出身・在住のジャズシンガー・金本麻里さんが、第一回ちぐさ賞を受賞した時の副賞として制作されたのもCD付アナログレコード盤2014年での発売で、あっという間に売り切れる人気振りでした。昨2016年秋には「レコードのある暮らし」というフリー冊子も創刊されて大人気。プレイヤーも一万円弱のものでアンプ、スピーカー内臓という簡単なものが若者達の間に普及している様子なのだ(僕も高校生時代を思い起こさせられた)。
 「効率と合理性に追われる生活の中で、ふっとひとときこの音に包まれるということ。人類ではなく“にんげん”みたいなことを思い出させてくれる気がする」とゼロからスタートし、その後のレコードライフを語る宇宙女子・黒田有彩さん(30)の感動体験のNASAり方も面白い。

幸遊紀NO.323 「早坂澄子のやる気根気の大切さ」2017.3.20.盛岡タイムス
 この原稿の元は紙と鉛筆、以前はコクヨを使っていたが、最近は年令にふさわしく
?オキナの原稿用紙。文字は年々書き進む速度が落ちるし消す数が多くなり、時間だけが過ぎてゆく。その消しゴムと鉛筆で忘れられない一編の詩がある。「えんぴつ、私の口よりも心の中を正確に表現する、コンピューター。 消しゴム、まちがいだらけの汚い文字を
白紙にもどす、魔力。日記、私の短い生果てるとも永遠に存在する、宇宙。 えんぴつ、消しゴム、日記、ひととき心をつづる私の友達」早坂澄子さん(60)が独身時代に「青磁」のペンネームで書いたファーストポエムである。
 彼女は今、都内で看護士をしながら、趣味?の組紐(くみひも)に取り組んでいる。何百本もの様々な用途の美しい作品の数々には、見事という他はないのだが、どうやら、そのきっかけとなったのは彼女が子育てをしている時に、父が怒りながら言った「箸を上手に使う!紐を結ぶ!は日本の文化だ!それをちゃんと子供に伝えないでどうするんだ!」だった様子。
 高校を卒業する頃,自立出来る職業は何かと考えた末、縫い子になろうかとも思ったらしいのだが、おじいさんの弟が入院し、おじいさんに連れて行かれた病院で嗅いだ消毒液の臭いが自分の感にふれ、看護婦になろうと3つの看護学校を受け浦安で学んでの看護士生活。子供達が自立して上京したことから、自分も宮城から上京。東京で看護士生活を始めた時に気になりだしたのが、お茶と組紐だった。
 そのどちらも結局のところ歴史を勉強しなければならないことに気がつく!。その組紐の文化をさかのぼれば、何と世界遺産の平泉藤原三代の秀衡公御棺(おひつぎ)の中にたどりつくという。その「秀衡公の組紐」は黄、赤、白、縹(はなだ)、紫の五色の絹糸で組まれ、その色彩と紋様の美しさ、出来栄えの見事さ、精緻な構造などから、日本組紐の最高傑作であるとされ、重要文化財となって「中尊寺組」と呼ばれる。その組紐を模して現在によみがえさせたのは東京の「有職組紐道明(ゆうそくくみひもどうめょう)」の故・山岡一晴氏の考案によるもので、その組紐は最近まで中尊寺の秀衡公の木像の胸を飾っていたのよ!と誇らしげに、今160本の糸とコマを使い紐を組んでいた。

幸遊紀NO.322 「菅野有恒の東松照明の世界展」2017.3.13.盛岡タイムス
 東日本大震災の津波から丸6年。3月11日が巡ってくる度に思い出すのは、陸前高田駅前で写真店「カメラの和光堂」を経営していた菅野有恒、太佳子夫妻のこと。あの地震のあと店の近くで一人暮らしをしていた有恒さんの母を車に乗せて逃げようと迎えに行った時、近所で一人暮らしをしている女性達3人が道に居た。自分が降りればみんな乗れる!と太佳子さんが残って車は避難先へ。皆を降ろして母を頼みます!と言い残し猛スピードで引き返した彼は津波と正面衝突し波にのみ込まれた。その時有恒さんは56才、太佳子さんは55才だった。
 僕がジョニーをはじめて1~2年たった頃、彼は大学を卒業して陸前高田へ戻ってジョニーに通い、学生時代に好きになったシンガーソングライター・豊田勇造のレコードを店に持参して「マスター!俺この人呼びたいんだ」と言った。そのシンガーがジョニーにて弾き語ったのは、市内荒町にあったジョニーの店舗を大町に移して半年後の、1978年の5月17日のこと。
 ちょうどその時、ジョニーに次ぐ市内2軒目の音楽喫茶「灯」が駅前通りに開店したので共同主催した記憶!。以来2~3年に一度のペースで来演した。有恒さんも太佳子さんも独身時代、別々に僕の店・ジョニーに通っていた常連客だったが、とある深夜、酔いつぶれカウンターでウツラウツラしていた僕を起こして「マスター、俺結婚するから!」だった。「誰と?」と僕がたずねると、太佳子さん!で、僕が眠っている間に話し合ってお互い即決したのだ!と言う。
 結婚披露宴は市民会館の大ホールで開催した「豊田勇造コンサート」。いわゆるディナーショー形式の宴会で、親戚ビックリ,友人大喜び。以降彼は「人力舎」名で、毎年のようにジョニーで豊田勇造ライブを開催し続けてきたのでした。82年3月31日から4月4日まで、市民会館を全館借り切るという前例のない写真展「東松照明の世界展」を大々的に開催した。その直前僕と彼は太佳子さんが当てたヨーロッパ半額旅行チケットでギリシャまで行き、パルテノン神殿でポスターを外国人女性に持たせ、有恒さんが撮影。その写真を広告宣伝に使った想い出は今も消えず。その時の実行委員は和光堂とジョニーの常連客達だった。

Prev [P.1/66] Next
Copyright (c) 2005 Jazz & Live Johnny. ALL rights reserved.