盛岡のCafeJazz 開運橋のジョニー 照井顕(てるい けん)

Cafe Jazz 開運橋のジョニー
〒020-0026
盛岡市開運橋通5-9-4F
(開運橋際・MKビル)
TEL/FAX:019-656-8220
OPEN:14:00~24:00

地図をクリックすると拡大します
幸遊記NO.223 「1947年の4月20日」2015.4.20.盛岡タイムス
 きょう2015年4月20日(月)は僕の68才の誕生日である。そのことから、僕が生れた1947年は一体どんな年なのだったか?と少し調べ書き。
 「日本国憲法」の施行。第1回参議院選挙(4月20日)。日本教職員組合(日教組)結成。6・3・3・4制発足し、9年間の義務教育。学問の自由。最高裁判所発足。独占禁止法。性の解放。田村泰次郎の「肉体の門」劇化上演。東宝「音楽五人男」(音楽を志す5人の男の友情を描いた映画で藤山一郎の唄「ゆめ淡き東京」(悩み忘れんと貧しき人は唄い、せまい路地裏に夜風はすすり泣く・・・サトウハチロウ詞)。二葉あき子の「夜のプラットホーム」。近江俊郎の「山小屋の灯」などのヒット。菊池章子の「星の流れに」を唄って大変な人気を得た天才少女歌手。“美空和枝”のちの“ひばり”出現。
 そしてジャズは、進駐軍(米軍)クラブに出演するバンドの格付け作業をGHQが終戦連連絡中央事務局(外務省下部機関)に依頼。「日本ミュージシャンズ・ユニオン」初代理事長・菊池滋弥の力を借り芝公会堂でのオーディションを手始めに横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、呉、福岡などで200バンドの格付けを行い、スペシャルA、B、普通A、B、C、Dの6つに分け、出演料が決められた。格付審査委員会(野川香文委員長)野川は淡谷のり子が唄った「雨のブルース」の作詞家で日本ジャズ評論の先駆者。
 それにしても戦中の昭和18年2月に廃棄すべき!とした米英盤「適性レコード」一覧表を公表し取り締まった国(情報局)。戦後は国(外務省)がその米英音楽を演奏する」楽団を率先して募集し格付け作業まで行ったという歴史の事実。
 又、アメリカではサッチモの“ペニーズ・フロム・ヘブン”、デジーガレスビー“ツーベースヒット”等のヒット曲。ノーステキサス大学で初のジャズ学位。日本ではジャズの専門誌スイングジャーナルが創刊された1947年、ジャズマンではピアノの加古隆、ベースの古野光昭、ドラムの小山彰太、ギターの川崎燎、サックスの大友義雄、ヴォーカルの中本マリ等が生まれている。僕は火事あとに先に建てた馬小屋にて生まれ、その後新築の母屋に移った同年、キャサリン台風での裏山崩落にあい家がつぶれ、その下敷きとなり顔にケガをしたが助かった。そして今もこうして生かされている。



戻る
Copyright (c) 2005 Jazz & Live Johnny. ALL rights reserved.